笹原正三

笹原正三(ささはらしょうぞう 1929年7月28日- )は山形県山形市出身のアマチュアレスリング選手。

中央大学でレスリングを始める。1956年のメルボルンオリンピックで、日本選手団の旗手を務め、レスリング競技(フリースタイル・フェザー級)で金メダルを獲得。得意技は「またさき」。東京オリンピックではフリースタイルのコーチを務めた。

国際レスリング連盟副会長、JOC副会長、シドニーオリンピック日本選手団副団長などを歴任。1989年から2003年まで、日本レスリング協会会長に就いた。

日本オリンピアンズ協会の副会長も務めている。

おすすめ情報

    主な経歴

    • 1953年 全日本選手権優勝
    • 1954年 世界選手権東京大会優勝
    • 1954年 全日本選手権優勝
    • 1955年 ワルシャワ国際大会優勝
    • 1956年 ワールドカップ優勝
    • 1956年 全日本選手権優勝
    • 1956年 メルボルンオリンピック金メダル
    • 1980年 バウンドテニスを考案
    • 1981年 日本バウンドテニス協会設立、初代理事長就任
    • 1989年 日本レスリング協会会長(2003年まで)
    • 1989年 日本バウンドテニス協会、会長主任
    • 1995年夏季ユニバーシアード団長
    • 2000年 シドニーオリンピック日本選手団副団長

    お気に入り

    • 足つぼマッサージは、足の裏側、甲の部分を重点的にマッサージさせて頂きます。むくみが気になる方も大和市 マッサージを是非お試しください。